上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
 7月21日に中庭ビオトープでヤマアカガエル(学名:Rana ornativentris)を確認しました。
ヤマアカガエルは今まで中庭ビオトープで確認されたことがなく、今回が初めてです。


DSCN8843.jpg

 今年の春に導入したヤマアカガエルの幼生(オタマジャクシ)の幼体だと考えられます。

 背側線粒上隆条(背中にある2本の線)が外側に曲がっていることが、同定ポイントとなります。
ニホンアカガエル背側線粒上隆条はまっすぐ伸びます。

 また新しい生物を発見することができましたら報告いたします。

小畠
スポンサーサイト
2013.07.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://landscapeecosystems.blog.fc2.com/tb.php/111-1df2b49a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。