FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
2014年8月23日9:30 (気温)32.5℃ (水温)28℃ (天気)くもり

こんにちは。4年の松宮です。
普段は香りの芝生を管理していることが多いですが、今回はビオトープについてです。

本日はアサザの紹介を行います。
アサザ 花のみ
アサザ(Nymphoides peltata)
ミツガシワ科アサザ属

アサザは全国の湖沼、ため池、水路などに群生する多年草の浮葉植物です。
本種と葉がにていて、花が咲かなければわからない種が、トチカガミ(Hydrocharis dubia)です。
見分け方としては、アサザの場合、葉に低い鈍鋸歯があり、歯縁が波状をしており、多種にはない特徴です。
こちらがアサザの葉です。
アサザ 葉

一方、トチカガミの葉は裏面に気嚢があり、膨れています。一度葉を裏返して確認してみてください。

アサザは現在消滅する場所が相次いでおり、絶滅危惧種にあげられています。

松宮
スポンサーサイト
2014.08.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://landscapeecosystems.blog.fc2.com/tb.php/156-97da44fb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。