上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
2014年10月11日 時刻17:00 天候:曇り 気温:20℃ 水温:18℃

こんばんは、
学部3年の鈴木です。

台風が去りましたが、またやって来るそうですね。
また徹夜することになるのかな? (笑)

今回紹介しますのはカンガレイ(Schoenoplectus triangulatus) です。

カンガレイです!

カンガレイはカヤツリグサ科ホタルイ属の多年草で、7月~10月に花が咲きます。
茎の側面に無柄の小穂を4~20個ほど集まって付き、包は茎に続き長さ3~10㎝で先は尖ってます。

漢字では寒枯藺と書き、冬に枯れた枝が残っていることが由来だそうです。

ビオトープにはカンガレイの他にも、形のよく似たサンカクイもあるので、探してみてください。

それでは、失礼します。
スポンサーサイト
2014.10.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://landscapeecosystems.blog.fc2.com/tb.php/166-c99156d0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。