上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
平成26年11月13日 気温:7℃  水温:8℃  天気:晴れ

こんにちは。壁面緑化担当の小池です。
今日は風も無く、日差しが温かいですが、実際温度計を見てみると以外と寒い事に気づかされます。
水温の方が高いのは不思議ですね。
上の水温などはビオのデータですが、今回は私の担当する壁面緑化の話題をお届けします。

みなさんローズヒップって知ってますか?
私は最初、バラの蜜や花びらから抽出されるものだと思っていましたが、これが違うんです。
ローズヒップは、バラの果実の事なんです。

基本的に花を楽しむために植えたバラは、花がらを取ってしまうためローズヒップを見る事ができません。
当研究室の壁面緑化も、花がらを摘む方針ですが、今年は私の好奇心で、何個か花がらをあえて切らずに放置していました。

美容と健康に良いといわれるローズヒップ。こちらです。

s-s-ナニワイバラのローズヒップ


ナニワイバラ( Rosa laevigata )のローズヒップです。枝同様チクチクしていて、あまりかわいくないですね。
しかし、このナニワイバラのローズヒップは、中国では漢方薬として使われているそうです。腎臓など泌尿器系の不調改善、コレステロール低下、抗菌作用があると言われています。

s-パレードのローズヒップ

こちらはパレード(Rosa ' Parade')です。ちょっとボケちゃってますが、小梅みたいな感じです。
パレードの様に品種改良されたものはあんまり使われないのか、利用方法などは出てきませんでした。
見た目がかわいいので、これはこれで良しとしましょう。

s-ニュードーンのローズヒップ

ニュードーン(Rosa 'New Dawn')のローズヒップです。
調べてみると、こちらはこのままかじると甘いらしく・・・なんでも食べる内田くんに食べてもらってみました。
結果・・・まずかったみたいです!
インターネットの情報を信用してはいけないという事ですね。

ついでなので、パレードも食べてくれました。こちらも渋くてまずかったようです。

あまりのまずさに、マテバシイのドングリが食べたいとぼやく内田君。
(去年マテバシイwゆでてみたら、甘さ控えめのクリの様でおいしかったので。)

ローズヒップを利用して色々作ろうと思うと、大量に必要な様なので当研究室でできるかはわかりませんが・・・ナニワイバラが毎年沢山花を咲かせてくれるので、田中先生と相談してみます。

それでは。

小池
スポンサーサイト
2014.11.13 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://landscapeecosystems.blog.fc2.com/tb.php/175-947bd40d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。