上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
2016年3月31日
天気:晴れ
気温:20℃

こんにちは。桜の花も咲き乱れ春まっただ中ですね。
田中研究室学部3年4月から4年の伊藤郁純です。


ビオトープで今日見られた花を紹介いたします。
本日紹介いたしますのはこちらの植物です。

セキショウ

和名:セキショウ
学名:Acorus gramineus

写真の中央にある黄色い穂状のものが、なんと花なんです。
こちらは肉穂花序といい、花序の主軸が肉厚に膨らんだものです。
サトイモ科の植物に多い花の形状で、セキショウもサトイモ科に古い新エングラー体系では分類されてきた植物です。

現在はクロンキスト体系と呼ばれるDNA解析に基づいた分類で、ショウブ目、ショウブ科、ショウブ属に属されています。

鎮痛作用があるとされ根茎は神経痛や痛風に、葉はサウナなどで使われてもいます。

このように様々な生物たちが春が訪れたことにより動き出しました。
皆様も是非そういった動きだしを注視してみると面白いかもしれません。

以上、学部3年伊藤でした。
スポンサーサイト
2016.03.31 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://landscapeecosystems.blog.fc2.com/tb.php/207-cf3cd504

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。