上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
2016年7月22日
天気:雨
気温:23℃

初めまして。
田中研究室学部3年の小林です。
これからよろしくお願いします。

今回はビオトープの水辺でタマムシを見つけました。

和名:タマムシ
学名:Chrysochroa fulgidissima
甲虫目タマムシ科

DSC_0222.jpg


6月~8月に雑木林とその周辺で見られます。
体長は30~41mmで、本州~九州、屋久島、対馬に分布しています。
金緑色の地に、虹色、緑色、紫色などが混ざり合った虹色の帯模様を持っています。
飛ぶときは、体を立てて前羽を広げ、十字の体制をとります。
8月ごろ卵を産み、3週間くらいで幼虫になり、固い木の中へもぐりこみます。そこで2年以上生活して、6~7月に親のタマムシとして姿を現します。成虫は真夏の2ケ月くらいの寿命です。
玉虫厨子という国宝にもなっています。

小林

スポンサーサイト
2016.07.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://landscapeecosystems.blog.fc2.com/tb.php/222-9b0e1b12

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。