上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
2012.11.29 08:38に撮影しました。

一昨日までは、オオイヌタデ、フイリノハナショウブ、セキショウ、
タマシダ、フジバカマなどが生育していましたが、
全植物を選定しました。

植物を剪定しないと景観悪くなることや、
来年の春に植物が生えてこないという問題もあります。
しかし、一番の理由は12月、1月は最低気温が零下に下がります。
水が凍ってしまい、剪定していない植物は、
氷が溶ける時期まで剪定できません。
剪定できないと富栄養化が進み水質が悪化してしまいます。
それを避けるために植物を剪定をするのです。

来年の春はどんな植物が生えてくるか楽しみです。
ビオトープ全植物剪定
3年 岩松俊英
スポンサーサイト
2012.11.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://landscapeecosystems.blog.fc2.com/tb.php/59-1fad19c0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。